« 2007年11月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年1月15日 (火)

魯山人風しゃぶしゃぶ

またえらい長い間、ブログをさぼってしまいました。

昨年12月は、自身が代表を務めるキャットクラブ主催の

キャットショーもあった為、発狂しそうな忙しさでしたが、

来月もまたショーがあるので、発狂する前に、記事を投稿して

おきます(笑)

昨晩の我が家の夕食は、「魯山人風しゃぶしゃぶ」でした。

北大路魯山人と言えば、言わずと知れた芸術家ですが、

美食家としても有名です。

我が家でしゃぶしゃぶと言えば、この魯山人風が定番です。

友人Kが「作り方を教えて~」と言っているので、このブログに

投稿しておきます。

まず、しゃぶしゃぶをする前日の夜に、つけダレの元を

作っておきます。

日本酒900mlに、梅干しを5個程度入れて、6割くらいの量に

なるまで、煮詰めます(これで4人分くらい)。

そのまま一晩放置。

食べる時、これに醤油をお好みの量で入れて、つけダレにします。

よく市販されているポン酢の攻撃的な(!)すっぱさが苦手という人には、

特にお薦めです。

次に、鍋にお湯をわかし、かつお節でさっとダシを取ります。

これに薄く醤油で味を付け、お肉や野菜をしゃぶしゃぶして食べます。

魯山人風では、お肉以外の具材は、焼き豆腐とネギだけですが、

ネコママは邪道なので(笑)、白菜やシイタケも具材にします。

肝心の牛肉ですが、もちろん高級和牛なら文句なしですが、

ネコママ的に一番重要視している事は、「薄さ」です。

よくお肉屋さんでは、「すき焼き・しゃぶしゃぶ用」として販売して

いますが、これらの多くは、すき焼きには適していますが、

しゃぶしゃぶ用には、ちょっと厚めな事が多いです。

なので、できればしゃぶしゃぶ専用肉が良いと思います。

霜降りのお肉なら、舌の上で溶けるような感じです。

魯山人風のすき焼きも作ってみたいのですが、

何しろ、うちの旦那ちゃんと、ノリちゃん(旦那ちゃんの母)が

生卵が食べれない人なので、今のところすき焼きには挑戦してません。

その旦那ちゃんが昨日、「今半にすき焼き食べに行きたいな~」

なんて言ってました。あほかっ!

関東以外の方の為に説明しておきますが、「今半」というのは、

すき焼き・しゃぶしゃぶで有名な老舗のレストランです。

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年4月 »