« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日 (金)

タクシー その2

会社に連絡し、道を確認した(はずの)運転手さん、

赤信号で止まる度、前に停車している一般の車に駆け寄り、

インターまでの道順を尋ねている。・・・・・・・おいおい大丈夫なのか??

どうにかこうにかインターまでたどり着き、首都高速に入った。

ほっとしたのか、おしゃべりを始めた運転手さん。。。。。

・・・・・・? ちょっと待て! おじさん、高速ボタン押してないよね!?

高速ボタンとは、よくタクシーを利用される方ならご存知だと

思いますが、高速道路に入ったら押す、メーターに付いている

ボタンのことです。

一般道では、距離と時間とで料金が計算されますが、

このボタンを押すことにより、距離のみで計算されます。

なので、もし渋滞にはまっても、渋滞の無い時と同じ料金で

済みます。

ネコママ 「すいません、高速ボタン、押さないんですか?」

運転手さん 「えっ!? あっ、あー、大丈夫です。今押します。はい。

        押しても押さなくても、変わりませんから。」

嘘付け! ネコママが指摘したら、明らかに焦ったでしょ!?

タクシーの中で、ちょっとウトウトできるかな・・・と期待していた

ネコママでしたが、この運転手さんじゃ、見張ってないと無理!って

感じでした。

・・・・・・・・・・さらに次回へ続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2007年6月26日 (火)

タクシーに手をあげて~♪(古い!)

ネコママは、いわゆるペーパードライバーなので、

タクシーを利用する機会が多いです。

最寄の駅まで、動物病院まで、都内から自宅まで・・・などなど。

昨日、動物病院まで、ワクチン接種の子猫達を連れて、

タクシーで行ったのですが、この運転手さん、おしゃべりに夢中で、

「裏道で抜けてあげるからね!」と言いつつ、道を間違えてりゃ、

世話がない・・・。

結局、いつもの倍近くの時間がかかり、料金も高かった・・。

タクシーと言えば、ネコママは一度、えらい運転手さんに

当たってしまった事があった。

浅草のキャットショー会場の前から、ちょっと疲れていたので、

タクシーで、茨城の自宅まで帰ろうと思い、乗車した時のこと。

ネコママ 「常磐道の谷和原インター方面、お願いします。」

運転手さん 「お客さん、ここから一番近い高速のインターまでの

        道順、わかりますか? まだこの仕事に就いて間もないもので・・・」

え? 都内でタクシー運転手やるのに、最寄の高速道路のインターも

分らないの??

ネコママ 「あ~、すいません。私もインターまでの道順、自信がないんで、

       別のタクシーに、乗り換えます。」

運転手さん 「いやっ! 会社に連絡して聞きますんで! 大丈夫です!

        もうメーターのスイッチ押しちゃったんで、今から乗り換え

        られると、会社から怒られるんです! お願いします!!」

その初老の運転手さんが、あまりに必至に言うので、

ネコママは乗り換えず、そのタクシーに乗って行くことにした。

・・・・・・・・・・・・・この話は、長くなるので、次回に続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »