« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月24日 (日)

先日、お世話になっている獣医さんから、とても興味深い

お話を聞きました。

先生の患者(患畜)さんのお宅で、メスの鳥を飼っているそうなのだが、

相手(オス)は飼っていないのに、産卵し、雛が孵ったという不思議なお話。

先生も不思議に思って、ある大学の鳥類専門の教授に問い合わせてみたところ、

極めて稀に、そういったケースがあるとの事でした。

鳥のマリア様(処女受胎)とも言うべきか???

ですが、残念な事に、その雛達は、成長することは出来ず、

死んでしまったそうです。

その晩、旦那ちゃんに、この不思議な話をしたところ、

旦那ちゃんは、あまりこの話に食いついてこない。。。

ネコママ 「ねぇ、何でそんなに反応薄いの?この話って不思議じゃない?」

すると、旦那ちゃん、「鳥って、オスが居なきゃ、雛が生まれないの?」

ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?

どうやら、うちの旦那ちゃんは、それ以前の問題だったようだ・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »